只今FLYリハビリ中

超激渋やねー

北方ます釣り場に行ってきました。
本日は、釣りをせずに偵察だけです。
友人が、居ないか探してみましたが、今日は、来ていないみたいで、他の釣り人の様子を眺める事に。
今日は、釣れてないですねー。
風もさほど無く、晴れているので、釣りをするには、快適なんですが、さっぱり釣れていません。
今シーズン入って、私が来た中では、一番釣れてないんじゃないでしょうか。
ルアーもフライも反応がほとんどないですね。
いつも状況が渋い中、結構釣っているフライマンの人がいるんですが、その人ですらたまに釣れるだけみたいですねー。
そんな中、一人だけコンスタントに釣ってる人が。
それも、見事なシングルハンドでのスウィッチキャスト(スペイ)で投げてます。
何人の人が気がついているのでしょうか?
シュートの時に軽くホールを入れるだけで、静かにラインが伸びていきます。
ロールキャストより水面へのインパクトが少ないんじゃないかな。
オーバーヘッドでも打ち込んだ時のインパクトはソフトに出来ますが、ラインをキャストするには、水面からラインをピックアップしなくては、ならないのでどうしても水面になんらかのインパクトを与えてしまいます。
このお方のキャストは、ラインを水面に残したまま、バックキャストをし、水面に残ったラインをアンカーにして、前方に打ち込みます。そしてラインは、ループを作り水面に残ったラインを静かに剥がして、前方に伸びていきます。
どんな毛ばりを使っているのか、わかりませんが、この静かな釣りが、釣れる要因の一つでは、ないでしょうか。
[PR]
by w3rs650 | 2010-12-26 20:46 | 釣行