只今FLYリハビリ中

Valley Hill GUN2 76SH Alga Master

d0166900_14432474.jpg

古くても私にとっての雷魚タックルは、こいつでなくちゃ。



私の雷魚釣りは、近場の野池に行くのがほとんどで、ヘビーカバーも少なく、使うフロッグもSnag Proofばかりでした。
なので最初の頃はあえて雷魚ロッドを使わずにJACKSONのDynasty DSG-80H Deep Crankに5500Cを付けラインは、PEの8号で軽いフロッグを遠投出きるようにしていました。
こんなバスロッドを使っていると、雷魚マンの人に怒られそうですが、オープンウォーターなら80cmクラスの雷魚でもなんなくあげれます。
そのうちF.O.Dを使い始め、釣り場も少し遠征するようになってくると、ヘビーカバーの美味しそうな所があちこちに、迷わずGUN2を買いました。
さすがにDynastyでは力不足ですよね。ついでにリールも6500Cにして、ラインもPEの10号に変えました。雷魚タックルの定番です。
それから何年たったでしょうか?釣りにもあまり行かなくなっていました。
が去年の事、フライに再び目覚めたという事は、釣りバカにもどった事でもあり、当然雷魚にも!
d0166900_1414834.jpg

最近は、体力的にも少し弱ってきているので、重い雷魚タックルは、少々しんどいです。
そこで最新雷魚ロッッドで最軽量というふれこみのANACONDA AN-76Hを買いました。
コスメもなかなかかっこよく、ブランクが枯竹カラーに塗ってあるのも気に入りました。
若干持ち重り感がありますが、ロッドはびっくりするくらい軽いです。
それから、もの凄い遠投力!これに一番おどろきました。
しかししかし‥言うこと無しの高性能なのですが、ハワイアンフックがガイドを通りません。
私はラインのリーダー部分を三つ編みにして、先にハワイアンフックを付けているのですが、雷魚ロッドは、みんなハワイアンフックが、ガイドを通るもんだと思っていたんですがねー。実際は、GUN2しかしらないけどね(笑)。
買って2ヶ月の間、雷魚のバイトはあっても、魚は一度も乗らず、良いロッドなんですが、ガイドの事もあり、なーにかしっくりこなくって、一度も魚を釣る事も無くANACONDAは、手放してしまいました。
前作のAN-77XHは魚をよくはじくって聞きましたが、それよりも柔らかいAN-76Hはよいと思うのですが、私の腕のせいなのか、なんなのか魚がのりませんでしたねー。
で結局GUN2!
このロッドを持つとなぜか気合が入る私です(笑)。
しかし、ここだけの話、このロッドには、恐ろしい秘密が!
実は、このロッドも一匹もお魚を釣った事がないんです!
もう買ってから何年たったでしょうか?このロッドの後に買ったメーカー不明のマスキー用2ピースのグラスロッドが試し釣りのつもりでやって、いきなり数匹釣れたのと対照的で、バイトすら無いもはや「呪いの坊主ロッド」ですね(笑)。
でも好きなんですよね、これがまた。
d0166900_14414120.jpg

[PR]
by w3rs650 | 2010-11-23 14:50 | タックル